映画「イコライザー」のおかげで少なくとも一週間は部屋の秩序が保たれた

先週末にツイッターで「イコライザーっていう映画は主人公が病的なまでにきちっとした生活を送っている素敵なアクション映画」というつぶやきを見て、病的なまでにきちっとした生活に憧れていたので、観た。デンゼル・ワシントン演じる主人公は思ってたのと違うのだけれど期待が裏切られたわけではなくて、笑顔に悲しみの影が差しながらの独居生活は胸がときめいた。後半割とそこら辺どうでもよかったのも含めて、佳作の映画だった。たぶんわたしが想像するような映画は「ジョン・ウィック」ではないかと予想しているのだけれど、まだ観る予定はない。流行った映画は後回しでいいや、と思っていると英国王のスピーチみたいに何度も借りて一度も観ずに返す、という事態になりかねないのだけれど。

それはさておき、デンゼル・ワシントン演じるボブ(あるいはロバート)に魅了されたわたしは、引き出しの中からシーツのよれまでかなり気にして一週間を過ごした。その結果、部屋はここ数年で最高レベルの秩序が保たれているし、毎日家に帰ると「イコライザー効果だ」と頭で念じ、そうすると部屋が片付けられるようなスイッチが生成されつつある。この記事を書いているのは、次の一週間もイコライザー効果を持続させるためで、二週間この生活を続けられれば、俺はデンゼル・ワシントンになれる気がしている。

映画の持つ力は偉大で、映画館から出てきた時、人間はなにかに取りつかれている(取りつかれない映画を駄作と呼べばいいのだと思う)。残念なことに毎週続くアニメやドラマではここまでのパワーはないし、読書はそもそもがパワーを必要とするので生活が破綻した人間には向かない媒体だ。好奇心を制御しきれず、ムラがありつつも気に入ったものにはのめりこむADHD傾向の人間は、映画のディスクを頭に挿入して映画の主人公になりきるのが生活再建への一歩じゃないかと思う。

次はお金をきっちり管理する主人公の映画を観たいんですが、オススメはありますか?

想像力のJAXA

前略 空前のブログブーム

 

仕事がつらい。ノルマが数字で提示されてそれを追いかけるという仕事は生まれてはじめてで、しかも達成不可能な数字(に思われる)を求めて毎週ノルマ未達を指摘される、これがどこまでも続く。

やまない雨はなく、明けない梅雨はなく、事実関東地方の梅雨は明けた。甲子園とともに夏は終わるし、今年は残り半分もなくて、12月、そして2018年。ほどなく28歳になる。

毎週の叱責は、実は永続スキルではなく単発の攻撃魔法でしかなく、一発食らったらポーション飲んで回復の繰り返しで乗り切れる。最終的にヒットポイントが0になったとしても、職を失うだけで、死にはしない。介護という手に職がついているので食い扶持には困らない。けれど、それはそれとしてノルマは達成しない。する見込みもない。ひたすらに苦しい。

こういった状態は、アラサーの生活マンガでよくある「落とす」パートであって、読者からしたら「ああ、ここで下げておくんだね」と了解する場面でしかない。物語のキーとなる絶望や慟哭が描かれるわけではない。息苦しさ、世知辛さ、ままならなさ。共感を得るためのあるあるネタとも言える。そういう視点が決してはないけれど、ストレスがかかると即座に視野狭窄に陥り、まるで自分が途方もない淵に突き落とされた気分で、逃げ出したくて仕方がなくなる。腸に慢性の炎症がある。

想像力とは、5秒に1人アフリカの子供たちの尊い命の火が消えていくことを思うのではなく、アフリカの子供たちがドリームジャンボ宝くじ一等前後賞を引き当てたその後を思い描くことであり、アフリカは厳しいからといって、アフリカを直視する必要はない。けれどアフリカの子供たちがみな6億円をイメージで苦痛を和らげる術を身につけているわけではないのだ。

NASAは月まで行ったけれど、JAXAは彼らのアポロ計画の実現を信じていると、わたしたちは思えるか?

 

追記:田中浩康「いくら打てなくても、あとになって振り返ってみると、『ああ、何てことなかったんだな』って思えるものだよ」 

Inspiron 11のACアダプタ問題

前略 空前のブログブーム

 

仕事でDELLのノートパソコンを使っているのだけれど、今日という今日こそ忘れ物はないという確信を持って職場についたらACアダプタを忘れたことが発覚しADHDとはどういうものかみなさんお分かりになったかと思いますが、昼休みに秋葉原に純正あるいは汎用のACアダプタを買いに行った。

結論から言えば、なかった。わたしの所有するInspiron 11のDC端子は4.5*3.0サイズなのだけれど、これは汎用アダプタが対応するどの規格にも合わず、またDELLのリアルサイトも「通販で一週間待ってください」と鼻をほじっていた。その接客態度は絶対に許さないし今後DELLの商品は買わないつもりでいる。逆恨みはすればするほど人生楽になる。

というよりそもそもDELL通販サイトですらInspiron 11用のACアダプタはばら売りを行っておらず、要するにInspiron 11の予備のACアダプタを正規の手段で手に入れる方法はない。代替品が調達できないというのは失せ物・忘れ物が頻発するADHDにとっては致命傷に繋がるし、電子機器に関しては性能よりも互換性を意識していこうと考えを改めた。

そういう意味では、マッキントッシュはなにはなくともアップルストアに駆け込めばパーツそのものはある(んですよね?)わけで、マッキントッシュというブランドは実は粗忽者にとって極めて有益なんじゃないかと思い、物欲が刺激され、マックブックエアーがほしい。ただマックブックエアーの11インチは生産が終了しているらしく、13インチモデルは1.3kgと重すぎるのであまりほしくない。11インチの新品がほしい。

けものフレンズに会いにいってきた

乗り換え待ちに魔がさして、反対方面の電車に乗り、東武動物公園に行った。

f:id:hdr2:20170520233231j:plain

中学校の遠足以来なので、15年ぶりの再訪だったが、思った以上に変わっていなくて怯む。使えるものは壊れるまで使おうという東武鉄道の思想は近くを走る野田線の8000系に現れているのだが(大分数は減ったが50年前の設計の電車が未だに現役で走っていること自体何かの間違い)、ぽこにゃんのちんけな遊具だとかが残っていて場末感はヤバかった。最高にクール。可能なら缶ビールを片手に回りたい環境だった。

気の迷いで無計画に行った割にはちゃんと楽しめて、ペンギンはかわいいしアザラシはかわいいしホワイトタイガーは白かった。間抜けそうな動物が好きらしく、威嚇ばりばりのサルはつくづく絶滅していい動物のひとつに入るな、と思った。

ジェットコースターの恐ろしさとか観覧車の恐ろしさとか、遊園地でデートする男女の姿とか、当たり前だけれど実地で感じ取るものは多かった。観光施設には考え事をしに行く。こういうイベントごとに、勉強の尺度を抜きで臨むことは今後もできないだろう。

f:id:hdr2:20170520234337j:plain

空前のブログブーム

今週の頭に空前のブログブームが到来したことを察知したわたしは「帰ったらブログを更新する」と宣言したはいいものの気付けば水曜日だった。書くことはない。


最近焼酎を居酒屋で飲んでて、焼酎をソーダで割るとチューハイのようになるので飲みやすいことに気付いた。でもソーダ水はおなかが膨れるのでコスパが悪い。コスパがいいのか?書くことはない。

 

ブログとか手帳とか向いてないのに、でも読むのは好き。一日単位、みたいなのが得意でないのだと思う。書くことほんとない。しょうもない。

 

洲崎西にメール送ったけど読まれなかったので自殺しようと思います。