ゾンビランドサガのゆうぎり姐さんは本当に文久3年生まれなのか

f:id:hdr2:20181124012415p:plain

ゾンビランドサガ公式サイトのプロフィール

ゾンビィとして蘇った女の子7人が佐賀のご当地アイドルとして活躍するアニメ『ゾンビランドサガ』。ゾンビィ5号ことゆうぎりは、伝説の花魁として名を馳せたという、浮世離れした雰囲気の女性です。ガタリンピックでころころ表情変わってたのがかわいい。

姐さんとして慕われるゆうぎりですが、本人の語るところと公式サイトのプロフィールとで、さらにプロフィール内においても矛盾が見られます。

 そもそも文久3年は幕末末期である

幕末から明治にかけた激動の時代、維新の裏にこの人ありと言われた伝説の花魁。

ゆうぎりのプロフィールです。政治の裏に女あり、というのはよく言われることなのでこういった伝説的な女性がいたこと自体は荒唐無稽ではありません。

一方、1853年の黒船来航から始まる幕末の動乱は、1868年の明治改元で一旦の終息を迎えます。そして、文久3年は西暦1863年。プロフィールの生年を信じるなら、明治がはじまる年にゆうぎりは5歳です。どうやって維新の裏にこの人ありと言われることができるのか。

もっと言えば、3話でグループ名を考える際、ゆうぎりは「壬生浪士組」を提案したうえで、「島原にいたころのお得意さんでありんした」と振り返っています。

壬生浪士組とは、新選組のことです。そして芹沢鴨近藤勇新選組の初期メンバーが壬生に集まったのが、ゆうぎりが生まれたとされる文久3年です。近所の赤ん坊としてかわいがられる以外に、お得意さんになりようがありません。

ゆうぎりの生年と発言には、大きなズレがあることになります。

るろうに剣心と比較

幕末から維新の世を描いた『るろうに剣心』のキャラクターと比較すると、ゆうぎりの生年の無理が感覚的に分かります。

実は、るろうに剣心の主要登場人物の中に、ゆうぎりと同じ文久3年生まれの人物がいます。蒼紫様LOVE、巻町操ちゃんです。

るろうに剣心は劇中で大久保利通暗殺が起こっている通り、明治11年(1878年)が舞台です。巻町操は、16歳のおてんば娘。幕末の御庭番衆の活動を直接には知らない世代です。

その中で、巻町操と同い年の少女が、明治11年時点で「維新の裏にこの人あり」と呼ばれるほどになれるとは到底思えません。

少年剣士として幕末に活躍した緋村剣心にしても、嘉永2年(1849年)生まれとされています。方向性こそ違いますが、新選組と一個の人間として相対するには、おおむね1850年には生まれていないと間に合わない、と言えます。

ゆうぎりの「首の傷」と旧刑法

ゆうぎりの生年の矛盾については、大きく2つのケースが考えられます。1つは、ゆうぎりの生年が間違っている/詐称している場合、もう1つはゆうぎりの生年は正しく、「伝説の花魁だった」という設定が嘘である場合です。

前者に関しては、そもそも劇中でゆうぎりはあくまで「伝説の花魁」として幕末を振り返っており、具体的な生年に言及をしていないので、プロフィールを編集した側、物語中では恐らく巽幸太郎、あるいはメタ的にはスタッフの調査ミスということになります。

他方、ゆうぎりが「伝説の花魁」ではなかった場合を検討します。たとえば、ゆうぎりは遊郭にはいたけれど伝説の花魁「ゆうぎり」本人ではなく、たとえば見習いか何かであった。本物のゆうぎりとは懇意であり、彼女の思い出話を聞かされていたゆうぎりは、ゾンビとして蘇った際、自分をゆうぎりと勘違いして蘇らせた巽幸太郎のためにゆうぎりを演じている / 自分自身をゆうぎりだと思い込んでいる(FF7クラウドとザックスの関係) といった形で「ゆうぎり」となってしまった、というのは物語の謎としてはなくはないでしょう。

 ですがこの説は、ゆうぎりのゾンビィ形態における首の傷が否定します。フランシュシュのゾンビィ形態は画一的ではなく、リリィなら飛び出た心臓、純子ならつぎはぎの多さ、愛なら包帯で覆われる面積の多さが、それぞれの死因を示唆しています。

ゆうぎりの場合、他のメンバーと際立って違うのは首の縫合痕です。真横に傷が入っているということから、ゆうぎりは首を切断されたのが直接の死因と推定できます。

ですがこの死因は、没年からすると考えづらいのです。

ゆうぎりの命日は明治15年12月28日ですが、この年の1月1日には明治15年刑法、いわゆる旧刑法が施行されています。

その中の条文に、死因と没年の矛盾を指摘するものがあります。

第12条 死刑ハ絞首ス但規則ニ定ムル所ノ官吏臨檢シ獄内ニ於テ之ヲ行フ

上記は、死刑の方法を規定した条文です。ここで重要なのは、「死刑ハ絞首ス」の部分になります。すなわち、ゆうぎりの死没日に、日本では「斬首」は消滅しているのです。

もちろん、刃傷沙汰となって、首を斬られて殺されたというケースもあります。ですがそれにしても、明治15年に人間の首を横一文字に斬れる人間が、またそれが可能なシチュエーションがどれだけあったかと言えば、やはり可能性は低いと言わざるをえません。

 

これらを総合すると、文久3年に生まれ、明治15年に死んだというゆうぎりのプロフィールには偽りがあると見るのが妥当です。さらに死因から、文久3年よりも前に生まれて没年は正しい、すなわち鯖を読んでいるというのではなく、生年も没年も正しくないというパターンに該当しそうです。

もっと言えば、この偽称はゆうぎり本人にはできません。明治15年よりも前に亡くなったゆうぎりには、明治が何年続くか(続いたか)は未知の領域だからです。(当て推量はできるかもしれませんが)
そして、巽幸太郎によるプロフィール改ざんの動機が今のところない以上、生没年は伏線や演出ではなく、(スタッフの)ミスである可能性が高そうです。

ゾンビランドサガでは個々人の死因を順番に描いているため、ゆうぎりがいかにして亡くなったか、すなわち上記の矛盾で何が正しく何が嘘なのか、それはこれから語られるものと思われます。

 

余談

これを見る限り、「文久3年」言いたかっただけ*1説が極めて濃厚に思えます。

 

 

リズと青い鳥とピンクの腕時計と黄色いフグϵ( 'Θ' )϶と一面のクソ緑

当初作ろうと思っていたもの↓

 

f:id:hdr2:20180513022727j:plain
劇中屈指の名カット「フグ」です

 

映画『リズと青い鳥』は、作中に登場する架空の童話「リズと青い鳥」をもとにした劇中劇、そしてそこから着想を得て作られた楽曲「リズと青い鳥」、中でも特に第3楽章を媒介に、傘木希美と鎧塚みぞれ*1という2人の少女の過程を描いた作品です。
山田尚子監督や脚本の吉田玲子がパンフレットで「感じたことがそのままその人の「映画」になってほしい」(吉田)「自由にこの映画を楽しんでいただきたい」(山田)と書いている通り、作り手の主張や主観といったものを自制し、2人の世界をそっと覗き見るというアプローチで作られた作品なので、読み解きという行為は大きな意味を持たないと思っています。
それでも、比較的すっと理解しやすい鎧塚みぞれに対し傘木希美の内心はベールに包まれていて、そのことがこの映画を観た人に「残酷」という印象を与えてしまっているのかな、と他者の感想を読んでやきもきすることがありました。*2
なので私の感想文は、傘木希美とはどういう人物なのかをなんとなく主眼に置きつつ映画を追っていく形にしようと思います。*3

映画は、まず童話世界からはじまります。東欧*4の湖畔に暮らすリズが、動物たちにパンを与えている。分け隔てなく配っているけれど、動物の数には足りずに「ごめんなさい、もうないの」と謝罪する。その時、切り株の向こうに青い鳥がとまっているのを見つけるリズ。「綺麗……。まるで空を映した湖のよう」青い鳥はリズのもとへと飛んでくると彼女の掌にとまり、そしてすぐ空へ飛んでいく。

続いて、鎧塚みぞれと傘木希美が登場する現実世界が描かれます。最初、この感想文を書く時は映画の概観を網羅的に話そうと思っていたので、メモから冒頭のシーンを整理したテキストがあります。お蔵入りもつまらないので、引用します。


BGM:wind,glass,bluebird
みぞれ、校門から階段へ歩く
階段前で180度ターン、階段に腰掛ける
手を握る、足コツン、ため息とも深呼吸ともつかない
校門の柵を寄りで撮るカット
足音が聞こえる、キジバトの鳴き声、名前のない女生徒、みぞれ反応せず、女生徒階段を昇る
続く足跡、ピアノ、鳥のさえずり、梢のざわめき、茂みに咲く黄色い花 はっとなりみぞれ視線向ける
希美視点カメラ、みぞれまだ遠い(現実的にほぼ気づかない距離で足音で気づくみぞれ)
みぞれ立ち上がる
カットきりかわり、台詞挿入なく一緒に階段を昇る(希美右前、のぞみ左後ろ)
階段を昇った先で希美、青い羽根を拾う
希美、空に透かすように青い羽根をかざし、見上げる「綺麗…」(※冒頭のリズと対応)
みぞれ、その後ろ姿を見つめている
希美、みぞれに「あげるよ?」
みぞれ、青い羽根を凝視する
希美「あれ、いらない?」
みぞれ、青い羽根を受けとる「……ありがとう?」
希美、「なんで疑問形なの?どうしたしまして?」スカートを裾をつまむ
「いこっ」
下駄箱、上履きを取り出す2人、希美は適当に、みぞれはそっと
二人廊下を歩く、揃わない歩調
給水機で水を飲む希美、みぞれも後を追うように飲む
どこか無人の一室、窓が開いている、窓の外の木に2羽の鳥が連れ立って飛び込む
階段を昇る、希美が先、みぞれが後
階段、姿消える、と思ったら上から顔を出す、にっと笑う、みぞれ傘木を見上げる、足だけしか見えない
廊下、音楽室の鍵を持っているのは希美
希美の背中を見るみぞれ、カットきり代わり、中学時代、桜並木を同じように歩く2人
リュックを揺らす、ポニーテールを揺らす、時折みぞれを振り返る希美
音楽室の前にたどり着く
鍵を差し込む、じっと見るみぞれアップ、足を動かしたり体を傾けたりして待つ希美、希美の顔もアップ
扉があく、その前で一度くるりと翻って音楽室に進む希美
希美の背中を映しながらハレーション、白くフェードアウト
"disjoint"

サウンドトラックの1曲目「wind,glass,bluebird」が流れている間の概要です。既に多くの人が指摘されている通り、サントラの中に靴音や鳥の鳴き声といった環境音まで収録されているほど、劇伴とアニメーションが切り離せない構造になっています。原作/TVシリーズの「響け!ユーフォニアム」を知らない人でも、希美とみぞれの関係性、お互いのおおまかな性格、それが以前からずっと続いてきたことがスッと理解できる場面です。
ここでまず確認したいのが、冒頭で青い鳥を見つけたリズの「綺麗」という言葉と対応しているのが、青い羽根を拾い上げた希美の「綺麗」であるということです。映画を観ていくと分かりますが、希美とみぞれはお互いに「みぞれ=リズ・希美=青い鳥」と見立てて話が進んでいきます。この理解が後半ひっくり返るのですが、そもそも冒頭の段階で「答え」は明示されているわけです。
このことは逆転の伏線というだけでなく、希美が青い鳥≒音楽の才能/鎧塚みぞれに対してどういった感情が根底にあるかを示唆しているように思われます。これも後述しますが、希美はみぞれに無意識の嫉妬を抱いていることが(明言はされませんが)分かります。それも真実なのですが、リズは青い鳥の姿に見惚れたように、希美にはそれよりもっと根源的に、美しい音楽というものへの思いがある、言葉にすれば「憧憬」のまなざしがコアな部分にあると見ることができます。これは「嫉妬」「羨望」「諦観」といった負の感情に比べて異質で、言葉遊びのようですが見落とされがちであるように思われます。

また一方で、この一連の流れは希美がみぞれのことをなんとも思っていない、たいして好ましいとも思っていない、といった誤解を否定します。希美は寡黙なみぞれを気遣ってことさらに話しかけたりせず、2人で同じ場所に向かうのに自分のペースで進んでいきます。それでも、時折振り返ってはちゃんとみぞれが着いてきていることを確認する。この時点の希美も、それなりにみぞれとの距離感を確立しているわけです。そもそも、一方的にみぞれが希美を慕っているだけなら中学1年から高校3年まである意味で安定した関係性が持続はしないのです。
それがはっきりと分かるのが、青い羽根をみぞれに差し出し「あげるよ?」と言った希美が、みぞれの反応を見て「あれ、いらない?」と戸惑うシーンです。これも複数の見方をすることができる場面ですが、「綺麗な青い羽根のプレゼントをもらってみぞれは喜ぶだろう」という前提が希美の中にあると捉えることができます。みぞれの距離感が明白であるように、希美にも距離感が存在します。*5

 距離感と言えば、希美は踏み込まれそうになると一歩引きます。2人きりの音楽室で

 

実際に作成されたもの↓

近くて遠い、『リズと青い鳥』と山田尚子の距離 // 抱きしめることをやめた「愛」の物語について

*1:ここでどちらの名前を先に挙げるかで意識無意識に観客のポジションが分かる気がする

*2:否定するつもりはありません

*3:言いたいことは山ほどあるのですが全部に触れていくときりがないというのもあります

*4:個人の感想です

*5:青い羽根を“青い鳥”に渡すという多分に示唆的なシーンでもあります

『リズと青い鳥』メモ

2回見た。まるで分からない。明日もう1度見ます。ので、読み解き用のとっかかりとして備忘録を書きます。

 

原作読んでないので原作で説明されている部分があれば教えてください。

 

傘木希美は童貞

物理的/心理的接触を避ける

感情の揺らぎ(主に怯え)が足に出る、足でしゃべる人間
⇒鎧塚の髪をいじる仕草と対応している

自己完結しがち(鎧塚より思い込みがひどい)

⇒実際大好きのハグで最終的に鎧塚に抱きつかれてようやく手を回すの童貞ムーブ以外の何物でもなくないですか???形而上学的童貞

 

disjoint→joint

青い点→羽ばたく青い鳥

赤い点→青い鳥の大群を見上げるリズ、カメラが俯瞰になり広がるリズのスカートが赤い点となる

→重なり合った色の淡いとは?

⇒浸食、あるいは出血

 

冒頭の絵本の世界は?

→劇中の「リズと青い鳥」は、主に鎧塚の解釈によるもの
→傘木が絵本を見せるまで鎧塚はこの物語を知らなかった、では冒頭のリズと青い鳥は誰の解釈なのか?

→→話としては「森の中で動物たちにパンを分け与えるリズ、全員には配れず「もうないの」と言うリズとくいっぱぐれた動物、その奥、切り株に青い鳥が留まっている。「綺麗」嘆息するリズのもとに青い鳥がふいに飛んでくる。彼女の手に留まり、またすぐに飛び去る

 

朝早く、鎧塚が傘木を待つ場面

"先に学校に着いている"のは鎧塚
希の足音にピアノが重なる、軽快さ
「羽」の贈与

背景で鳥が2羽、木の陰に飛び込むように現れる

その後も全編を通して挿入され続ける鳥の飛翔→どう解釈???

鍵を開けるのを待つ傘木、鍵を開けるのは鎧塚

扉を開けると、すっと横から傘木が先に入りこむ

みぞれと希美の会話はかみ合っていない、向き合っていない、独白である

⇒(要検証)最初から最後まで、みぞれと希美の言葉が過不足なくキャッチボールされたシーンはないのではないか?

 

リズと青い鳥問題

傘木は「私たちみたい」と言う

⇒この時点で傘木も鎧塚も「リズ=鎧塚 / 青い鳥=傘木」と解釈している

⇒⇒「また会いにくればいい」「ハッピーエンドがいい」と言ったのは"青い鳥=傘木"の状態での発言であることに留意する必要がある

 

傘木と鎧塚の「リズと青い鳥」はそれぞれ違うはず

⇒傘木は絵本でだけリズと青い鳥の物語を知っている、鎧塚は途中から岩波文庫リズと青い鳥を読み始めている、拠るテキストが違えば解釈は変わっていく(はず)

⇒テキストが違うのは間違いなく意図がある

⇒⇒リズと青い鳥の答え合わせをしたわけではなく、それぞれ勝手に解釈をつけただけ、それが重なりあっただけ、につながるのでは?


正直、冒頭でパンを動物に与えるリズのカットがあるので、パートメンバーに囲まれて談笑する傘木がリズであることは自明であり、新山の指摘で鎧塚が「自らが青い鳥である」と自覚するシーンの驚きがない

⇒とそこで終わってしまえばそれまでだけれど、そもそも「どちらがリズでどちらが青い鳥」というあてはめそのものが錯誤ではないかと思っている

⇒⇒学校が「鳥籠」として描かれているのであれば、かごの中にいるのはすべからく鳥である。鎧塚が青い鳥であるならば、傘木は赤い鳥であるはず
⇒⇒⇒「横に並べない」「対等でない」という考えそのもの、2人の認識が誤謬を足場に立脚していることを示唆していないか???

⇒⇒⇒横に並べない問題

傘木⇒鎧塚と演奏で並べない

鎧塚⇒傘木と感情の大きさが釣り合わない

 

⇒果たして本当にそうか???

 

味がついておいしいたまご

⇒知らん

⇒青い羽根と対応している

 

フグ

⇒鎧塚みぞれの人間性の発露 // メタファーとしてのフグってなんだろう?

⇒⇒モブの会話で「フグみたいでかわいい」の解釈問題がある、フグもまた多義性を孕んでいる

 

 

今回の映画は橋がない(たまこラブストーリーは架橋の物語であった)

校舎が別⇒橋が架橋されていない

傘木希美は鎧塚の領域(練習場所であったり生物講義室であったり)に自発的に踏み込んでこない

 

山田尚子

山田尚子はどう考えても俺

対話シーンに顕著なのだけれど、人間を画面の端に配置して、背後に巨大な空間=語られない、隠された感情や考えみたいな演出っぽい気がする

 

根本的に演出がホラー

なんで最後ピアノ跳ねさせて不吉な音色にしたの???

 

明日また見ます。

2018年追いかけてる漫画一覧

備忘録というか新刊発売日チェックを兼ねて。

 

アニメタ!

 ド素人の新人動画マンがぶっきらぼうな監督やおばさん師匠にしごかれて成長するスポ根アニメ制作マンガ。作者がIGの元アニメーター。既刊4巻。

 

或るアホウの一生

或るアホウの一生 1 (ビッグコミックス)

或るアホウの一生 1 (ビッグコミックス)

 

奨励会に所属する主人公がプロ棋士になっていく話。既刊3巻。

 

映像研には手を出すな!

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

 

 奇妙奇天烈な高校で出会った三人娘が映像研究会を立ち上げ自主アニメーション制作に取り組む話。既刊2巻。

 

官能先生

官能先生(1) (イブニングコミックス)
 

 出版社勤務のかたわら売れない小説家の主人公がクールビューティーとの運命的な恋に落ちる話。既刊1巻。

 

空電ノイズの姫君

 バンドマンの娘とちょっとイカれた転校生美少女が出会って生活がわちゃわちゃするいつもの冬目景のやつ。既刊1巻。

 

 ブルーピリオド

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 スクールカースト最上位の主人公がうっかりお絵かきに目覚めて高2から無謀にも芸大を目指してしまう話。既刊1巻。

NEW GAME!

NEW GAME! (6) (まんがタイムKRコミックス)

NEW GAME! (6) (まんがタイムKRコミックス)

 

 最近は飯島ゆんが一番エッチだ…って思うようになった。既刊6巻。

 

ゆゆ式

ゆゆ式 (9) (まんがタイムKRコミックス)

ゆゆ式 (9) (まんがタイムKRコミックス)

 

内輪ネタの究極、4コマ漫画の枠組みを変えた。既刊9巻。

 

1日外出録ハンチョウ

1日外出録ハンチョウ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 何が面白いのかと言われると言葉に窮するんだけどこれ単純にグルメ漫画としてもスピンオフギャグとしても一線級なので掛け合わしたらそりゃ面白いという話なのだと思う。既刊2巻。3巻3月に出るのか。

 

アオイホノオ

アオイホノオ 18 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

アオイホノオ 18 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

 ホノオがプロデビュー決まった後は正直未知数。既刊18巻。

 

銀の匙

銀の匙 Silver Spoon 14 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon 14 (少年サンデーコミックス)

 

 銀の匙、それは休載。既刊14巻。

 

 3月のライオン

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)
 

なんのかんの言って羽海野チカのテンションはあんま得意ではないです。既刊13巻。

 

HUNTER×HUNTER

 継承戦編は普通に面白いと思う。既刊35巻。

 

リストアップしてみたけれどものつくり系漫画が多すぎる。コンプレックスなんだと思います。

悪い習慣

「やめられないんだ 震えが止まらない」とキリンジも歌っているのだけれど、2018年もお酒がやめられない。


今年の目標や抱負、あるいは1月の振り返りをしないと今年も敗北の一年に終わってしまうと思いつつも先延ばしにしていた。ふとやる気になったのでノートに書き出してみたけれど、なんもかんもアルコールが諸悪の根源になっている。

f:id:hdr2:20180205143253j:plain

酒代でお金はなくなるし、睡眠の質は悪くなるし、体重は増えるし、晩酌の時間と飲酒後の効率の悪さで余暇時間がほとんど吹き飛んでいるし、なによりお酒がおいしくない。罪悪感を覚えながらやめられないので完全に依存症であり、人間としてかなり厳しい局面を迎えている。


病院での治療も検討したいんだけど先立つものがなく、4月にならないと経済事情がよくならないので二ヶ月は自分の力でどうにかしないといけない。完全にやめる気はさらさらないので、せめて「1日飲んだら1日休む」を目標にしたい(非現実的発想)。

f:id:hdr2:20180205144038j:plain

ここのところ飲んだお酒を振り返ると家の冷蔵庫に無限に補充される金麦が半数以上を占めているので、「金麦だけは飲まない(飲みたければビールを買う)」「カレンダーに飲んだ、飲まないを記入しておく(事後報告だとだれるので)」を制約にします。誓約はツイッター人生を賭けます(アカウント閉鎖)。また思いつきで始めますがよろしくお願いします。